Z-GRID

気になるニュースや情報などを独自目線でストックしていきます

【続報:株式会社タマ】買取店タマ様より約 2 か月間猶予を与えて昨日警告文を送ったところ著作権侵害のお詫びがマニュアル対応で素早く返信してきました

f:id:Good-life-signal:20180312213128j:plain

 

無断盗用した企業:ブランド・貴金属・高価買取りの買取タマ

〒414-0036 静岡県伊東市宮川町2-2-31 TEL:0557-36-4489 FAX:0557-36-5313
店舗運営責任者:齋藤誠治(代表者)  店舗セキュリティ責任者:齋藤誠

画像が無断盗用されたページ:削除済
ルイヴィトン マヒナ 中古買取相場 | TAMA通信|【買取タマ】ブランド品、貴金属のゆうパック買取専門店

 

f:id:Good-life-signal:20180312213044j:plain

 

約 2 か月間猶予を与えて、昨日警告文を送ったところ、著作権侵害のお詫びがマニュアル対応で素早く返信してきました。

こういう事だけは早いですね。返信をそのまま掲載しておきましょう。

私は、こういうマニュアル対応で済ませるという行為は、好きではありませんし、訴えませんが、この企業を決して許してはいません。


▼ 引用ココから

Φ-GRID 管理人磯守様


大変ご迷惑をおかけしております。

株式会社タマの齋藤です。

お指摘のブログページを削除しました。


社員にも著作権、無断転用、コンプライアンスについて、再度教育してまいります。

また、今後も徹底していきます。

大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社TAMA  店長 齋藤(^u^)
414-0036 静岡県伊東市宮川町2-2-31
(TEL) 0557-36-4489
(URL) http://www.rakuten.co.jp/i-tama/
(連絡先)i-tama_4@shop.rakuten.co.jp

▲ 引用ココまで


予想した通りのマニュアル対応。店長(代表者)の不気味な笑顔マークが神経を逆なでします。謝っているのか笑われているのか、配慮と心遣いが足りず、細部にまで神経を使っていないという事が証明されています。

こちらの立場とその気持ちを理解しておらず、そこまで気がまわらないのでしょう。

楽天を通じて連絡をしたので、あっという間に返信が来ました。
もしあなたが、個人と言えども、大手企業をワンクッション挟むことで、中小企業程度であれば即対応してきます。

個人的にも、過去に楽天ショップや企業サイトを多く運営していたので、ECやサイト界隈の事情は大体分かっています。

また、この店のお問い合わせは、何度がアクセスし、送信を試みましたが、スパム設定が厳しすぎるために、大半の内容でブロックしていて使えないことから、多くの顧客を取りこぼしていることが予想され、サイト運営自体も三流と言ったところですね。

私のような「企業のためを思ったクレーム」は受け付けないが、泥棒はしますという塩対応のようです。

過去にディー・エヌ・エーという企業が「WELQ」に始まるキュレーションサイトの問題 というのを起こしているのですが、ちゃんと見ていたのでしょうか。

2018 年の 1 月に盗用しているので、恐らく何も考えていないのでしょう。

そこまで目くじらを立てる話ではないのですが、ロゴを消している事と、約 2 か月以上泳がせておきましたが、連絡がないという事で、晒す処置を発動しました。

こっちは最初から分かっていたのですが、警告文を送るまで対処しなかったという事は、窃盗する気満々、言わなければそのまま窃盗し続ける気であったようです。

ちなみに、個人のブログの私的利用や企業と言えども引用先の表示と参照したことをご一報頂ければ、快く許諾に応じ大人の対応をしていたのですが、経営者自身が従業員に、コンプライアンスの徹底をしていなかったようです。

サイト見ていると、おばさんたちが、個人のブログ感覚で、悪ノリでやっているようなページですので、組織のタガが外れている感じで、一般企業としての体を成していないのでしょう。

他店と横比較され、買取査定額だけで、自店を見られるのが困るようで、営業と同じで自分たちを売る事に必死のようです。

 

無断コピーされたコンテンツをGoogleのインデックスから削除する方法 〜 DMCA侵害申し立てフォームから送信可能 | 海外SEO情報ブログ

この記事を過去に読んでいたので、対処はそんなに難しくはありません。

グーグルに著作権侵害を訴え受理されると、そのページの削除とアドセンスまで止まりますので、アクセスも売上げ的にも大打撃が予想され、検索でのアクセスやアドセンス収益を得ていることで、慌てて返答してきたようです。

ちなみに、権利侵害の報告は、企業に勤務していた時に、約 6 回ほど通しており、それらは闇に葬り去りましたので、ほぼ 100 %でこの企業のサイトに適用され、該当ページは削除されます。

 

f:id:Good-life-signal:20180314010309j:plain
また、この買取店 HTTPS 化だけはちゃっかりしており、窃盗している画像をご丁寧に通信保護しており、お問い合わせは使えず、自社のサイトだけは保護するという 社会通念の欠片もない自社の営利しか考えていない集団という事が今回証明されたわけです。

上記をみると記事を削除して、マニュアル通りの逃げ方をしておりますので、魚拓と一連の記事はこのまま残しておきますので、これは戒めとしてください。


該当ページの魚拓
https://megalodon.jp/2018-0312-2139-12/https://www.ta-ma.com:443/blog/2018/01/entry_13541/
関連記事

z-grid.hateblo.jp